ベトナムで働くサラリーマンのブログ

三十路をよりおしゃれに過ごすために

機能性に裏打ちされたデザインが魅力 ブリーフィングのグラビティーパックをレビュー

タフバッグの王道ブリーフィングのグラビティーパックを買ってみた。 

実物の写真を中心に、多様な収納や機能性、使い勝手をレビューしていきたい。

ブリーフィングのグラビティーパック

BRIEFINGとは

1998年に設立された、ミルスペックを満たす高耐久性と、デイリーユースにも便利な多機能を併せ持つ人気のバッグブランド。

ブリーフィング製品はMADE IN USAで、その頑強さは普段使いには十分過ぎるほど。 

 

グラビティーパックの概要

タフなバリスティックナイロン素材で、ブリーフィングのバックパックラインアップの中では最も大容量のモデル。

二泊三日の旅行ならこのバッグだけで問題ない。

詳細なサイズはブリーフィングの公式サイトを参照。

www.briefing-usa.com

 

荷物の重みで下部のみが膨らむので、実物は公式サイトの写真ほどスクウェア感は強くない。

一般的にイメージするバックパックの形に近い。

公式サイトではビジネスユースも推しているが、普段使い専用にした方がよさそう。

ブリーフィングのグラビティーパック全体

 

ミリタリーテイストを程よく中和してくれるのでブリーフィング製品は黒がおすすめ。

カーキは普段使い用にしても、ミリタリー色が強過ぎるので合わせづらい。

 

メインの収納部

内部の背面側にはクッション材付きのPCスリーブがある。

13インチのノートPCなら余裕で収容可能だ。

この部分にはA4クリアファイルもすっぽり入れることができる。

ブリーフィングのグラビティーパックPCスリーブにパソコンを収納したところ

DellのXPS13は余裕で収納可能

 

その手前にスマホやモバイルバッテリーの収納にぴったりなサイズのポケットが二つ。

PCスリーブもこのポケットも深さがあるので、実際にはPC・スマホともにすっぽり隠れて収納される。 

ブリーフィングのグラビティーパックPCスリーブ手前にあるガジェットスペース

左はAnkerのモバイルバッテリー、右はiPhone7を入れたところ

 

これ以外には仕切りがなく、大容量のメイン収納部はマチをフルに使えるので、大きな荷物も余裕で飲み込む。

トップオープンのジッパーはかなり下部まで開くので、大きな荷物でも取り出しやすい。

悪く言えば、細かい荷物をたくさん収納したい時には仕切りケースを別途用意しないと内部が整理しづらい。

ブリーフィングのグラビティーパックをオープン状態に

 

ポケットやストラップ

左右にはメイン収納部からは独立したサイドポケットが一つずつある。

このポケットは背負ったままでもアクセスしやすく便利。

ブリーフィングのグラビティーパックサイドの独立ポケット

 

正面にも独立したポケットがもう一つ。

ポケット内部はブリーフィングのロゴ部分まであるので、深さは20cm以上ある。

取り外し可能なキーホルダーも付いている。 

ブリーフィングのグラビティーパック正面のポケット

 

ストラップはパッド付きで長時間背負っても疲れにくい。

しかもストラップ上下の両側で調整が可能なので、体にフィットさせやすい。

ブリーフィングのグラビティーパックのパッド付きストラップ

 

まとめ

これよりも安いバックパックたくさんあるが、耐久性と機能性は間違いなく格段に優れている。

ハイスペックな上に収納力も高く、抜群の耐久性で海外でも快適に使用できている。

満足度を考えると、この値段であっても十分に安いのでおすすめだ。