ベトナムで働くサラリーマンのブログ

三十路をよりおしゃれに過ごすために

駐在員が教える!ハノイでのおすすめ移動方法

公共交通機関がほとんどないハノイ市内では、どうしても車移動が中心になる。

出張や旅行時の移動に便利なタクシー&uber利用方法と、それぞれの注意点をまとめてみた。

f:id:TNF24:20171106001049j:plain

信頼できるタクシー会社を見分けよう

海外でのタクシー利用はぼったくり料金や遠回りされる等のトラブルがつきもの。

他の東南アジアの都市に比べるとハノイ市内のタクシーはまともだと感じるが、それでも信頼できるタクシー会社を選んだ方がよい。

緑の車体のマイリンタクシー(Mailinh)か、白地に赤ラインの入ったハノイタクシー(Hanoi Taxi group)がおすすめ。

この2社は大手のタクシー会社で高級ホテルでもよく待機しているし、台数が多いので路上でも捕まえやすい。

こちらから何も言わなくても間違いなくメーターを使う上に、運転手もベトナムにしてはよく教育されている。

ハノイ市内であればどこであってもこの2社のタクシーが通るので、他のタクシー会社は利用しない方が無難だ。

mailinh.vn

taxigroup.com.vn

ベトナムのタクシー利用時のポイント

どのタクシーでも共通のベトナム独特の注意点をまとめた。

  • メーターは1,000VND未満は表示されない。「10.0」表示なら料金は10,000VND。
  • 500,000VNDを出すとお釣りがないと言われるので、小額紙幣の準備を。
  • コンパクトカー⇒セダン⇒ミニバンの順に初乗りとメーター料金が高くなる。
  • 運転手は基本的にベトナム語のみ。
  • 行き先は住所番地で言うこと。地図で伝えても理解してくれない。

行き先はヒルトン、インターコンチネンタル等の五つ星ホテルや、オペラハウスといった有名ランドマークであれば、場所を言っただけで向かってくれる。

ただしそれ以外だといくら地図アプリで「ここに行って」と示しても全く理解してもらえない。

逆に住所(番地と通り組み合わせ)で伝えると、どんな辺鄙な場所でもすぐに向かってくれるのがとても不思議だ。

行き先の名前ではなく、事前に地図アプリで目的地の住所を確認しておこう。

 

Uber配車アプリも利用するとさらに便利

ベトナムでは既存のタクシー会社が軒並み経営難に陥るほど配車アプリが普及していて、そこらじゅうに走っている。

いくつもある配車アプリの中でも、世界中で展開しているUberが特におすすめだ。

アプリのダウンロードとアカウント登録をしておけば、ベトナムだけでなく世界中のUberが展開している都市で同じアプリから配車ができる。

日本発行のクレジットカードでもちろん利用可能だ。

 

アプリで目的地を入力すると、現在地からのルートと各Uberサービスでの料金が表示される。

通常の乗用車利用はuberXを選ぼう。

f:id:TNF24:20171106011442p:plain

「uberXで確認」をタップして、次は乗車場所を指定する。

GPSでの現在地デフォルト表示されるが、ドライバーに拾ってもらいやすくするため近くのランドマークをきちんと指定し直そう。

特に車寄せが複数ある大型ホテルやショッピングモールで乗車する場合は、ドライバーに見つけてもらいやすい場所まで移動した方がよい。

f:id:TNF24:20171106011647p:plain

「配車を確定」をタップすると乗車場所近くのuberドライバーを検索する。

ハノイ市内であればそこらじゅうに走っているので、だいたい5分以内のドライバーが到着する。

アプリ上でのuberドライバーの位置表示は正確ではないので要注意。

まだまだ遠くにいると思っていたら、既に到着していることも多い。

f:id:TNF24:20171106011945p:plain

ドライバーが確定すると、名前や車種、ナンバーが表示されるので確認しておこう。

何のロゴもない普通の乗用車が迎えに来るので、車種とナンバーで手配したuberかどうかを判断する必要がある。

ハノイ市内だとだいたいとKIAかヒュンダイのコンパクトカーだ。

手配してから5分以内ならキャンセル料はかからない。

f:id:TNF24:20171106012224p:plain

アカウントに現地の電話番号を登録していると、ドライバーから確認の電話がかかってくることが多い。

ドライバーはベトナム語のみがほとんどなので、電話が来たらとり乗車場所の住所かお店の名前を英語で連呼しておこう。

ドライバーが到着したら、後は目的地まで車に乗っていくだけ。

ドライバー側アプリで乗車・降車を操作するので、こちらは何もしなくてよい。

目的地で降りたら料金があらかじめ登録したクレジットカードへ請求される。

 

タクシーと比較したUberのメリット
  • 同じ距離ならUberの方が20%ほど料金が安い
  • クレジットカード払いなので、めんどくさいベトナムドンのやり取りがなし
  • 行き先を事前にアプリ上で指定するので、運転手とのやり取りが不要
  • 配車時に料金が決まるので、ハノイ名物の渋滞にはまっても料金は据え置き
  • 歩行者天国や一方通行の多いハノイ旧市街に行く際も料金が高くならない

やはり一番のメリットは、細かい現金のやり取りが全く必要ない点だ。

ベトナムドンは桁数も多くわかりづらいので、慣れていない出張者・旅行者にこそuberはおすすめしたい。

 

ただし日本人が行くような場所であればだいたいタクシーが待機しているので、急いでいるならタクシーの方が便利。

場所と状況に応じてタクシーとuberを上手く組み合わせて、ハノイ市内を効率的に移動しよう。

 

uberを使うなら現地SIMでのインターネット接続は必須! 

www.tnf24.com

 

中長距離の移動には高速バスを使おう!

www.tnf24.com