読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナムで働くサラリーマンのブログ

三十路をよりおしゃれに過ごすために

運動も睡眠も自動記録!初めての活動量計におすすめ” Fitbit Flex2”レビュー

30代に突入してから自分の健康状態が気になり、運動量や睡眠時間を管理するために活動量計を使っている。 

Jawbone UP2 Ropeを使用していたが、完全防水ではない、はずれやすいといった不満があった。

新しく発売されたFitbit Flex2に買い替えてみたのでレビューする。

    

Fitbit Flex2概要

Flex2に限らず、発売されているほとんどの活動量計で、睡眠や運動の自動記録機能に対応している。

  • 腕時計と一緒にするので、液晶画面はいらない
  • オフィスワークでも目立ちにくい、小さく薄型がいい
  • 高度な運動はしないので、心拍計機能はいらない

しかし上記に当てはまるなら、Flex2がベストな選択肢だ。

デザインも単色のシンプルなリストバンドなので、仕事中でも違和感なく着用できる。

またFlex2は完全防水なので、お風呂に入る時や雨天での運動時にも取り外さなくてよいので楽ちんだ。

Flex2のバッテリー

f:id:TNF24:20170514173128j:plain

リストバンドの裏側からFlex2の本体を取り出し、専用のUSBケーブルで充電する。

公称は最長5日となっているが、実際に使うと4日程度なので、1週間に1~2回は充電が必要だ。

以前に使用していたUP2 Ropeよりも長持ちすると感じる。

バッテリー残量低下時には、アプリに自動で通知されるので、バッテリー残量を気にしてハラハラする必要はない。

しかし頻度がそこまで多くないとはいえ、充電の度にリストバンドから取り出し・充電後に戻す作業は少しめんどくさい。

Fitbitアプリ

Flex2には画面がないので、記録した全ての情報はスマホのFitbitアプリ上で確認する。

f:id:TNF24:20170514174845p:plain

f:id:TNF24:20170514174922p:plain

睡眠時間のログ

f:id:TNF24:20170514175044p:plain

睡眠時間の自動記録だけでなく、途中で起きた回数や寝返りもカウントされている。

睡眠ログはかなり正確で、1時間ほど昼寝した場合もしっかり記録される。

運動量のログ

f:id:TNF24:20170514175801p:plain

 

f:id:TNF24:20170514175826p:plain

日々の歩数カウントを自動記録する。

またランニングや散歩の活動内容も自動的に認識して、運動時間と負荷が記録される。

ランニングはかなり正確に自動認識するので、修正が全くいらない。

筋トレ等のマシンを使った運動は認識されづらいので、手動入力した方がよい。

バイブでの通知機能

Flex2には、電話やSMSの着信をバイブで知らせる機能もある。

Flex2は常時身に着けているので、スマホをカバンに入れていても着信に気付けるためとても便利だ。

f:id:TNF24:20170514180526p:plain

残念ながら標準のFitbitアプリでは、LINE等のよく使うメッセージアプリが通知対象として選択できない。

しかしサードパーティーのアプリを導入すれば、全てのアプリの通知をFlex2で受け取ることができる。

play.google.com

 

Fit Notifications(英語のみ)をスマホにインストールし、Setup Appsから通知を受け取りたいアプリを選択すればよい。

f:id:TNF24:20170514182023p:plain

f:id:TNF24:20170514182049p:plain

アプリの作動対象はAlta、Blaze、Chargeのみだが、Xperia Z5 Compact(Android7.0)とFlex2の組み合わせで問題なく作動している。

Flex2のバッテリー節約のために、アプリの全体設定画面から、連続した通知や画面点灯時の通知を受け取らないよう変更することをおすすめする。