ベトナムで働くサラリーマンのブログ

三十路をよりおしゃれに過ごすために

駐在員が選ぶ本当におすすめのベトナムおみやげ

海外出張のおみやげは、やはりその土地ならではのものを買っていきたい。

またせっかく渡すからには、満足してもらえるものを選びたいものだ。

 

しかしおみやげのクオリティが低いベトナムでは、空港やその辺のお店でテキトーに買うことはとても危険である。

f:id:TNF24:20170725010105j:plain

ベトナムから帰る度におみやげを買っているが、初めの頃にテキトーに選んだおみやげでは、露骨に喜ばれなかったこともしばしば・・・。

 

そんな実体験に基づく、ベトナム在住の駐在員が選んだ『これを買っておけば間違いないベトナムおみやげ』をまとめた。

マルゥ(MAROU)チョコレート

ベトナム産カカオ豆のみを使用した、ベトナム発のチョコレートブランド

最近は日本でも人気になってきているらしい。

 

カカオ豆の産地ごとに異なるカラーになっていて、パッケージデザインもおしゃれ。

どの種類もカカオ70%以上のダークチョコレートで、甘さは控えめでカカオ感強めの大人の味。

各色ではっきりとフレーバーが違うので、複数買って食べ比べるのもおすすめ。

色鮮やかな複数色を用意して、渡す人に好きな色・味を選んでもらうと盛り上がる。

 

サイズは大小2種類で、いずれも日本の半額ほどで購入できる。

  • 大サイズ  80g  100,000VND(約500円)
  • 小サイズ  24g  50,000VND(約250円)

ただし板チョコがどーんとそのまま入っているので、おみやげには小サイズを複数枚購入した方が渡しやすい。

箱詰めのベトナムお菓子を買っていくよりも、喜ばれること間違いなし。

 

ハノイ市内では、タイ湖近くのフレーザースイーツ(Fraser Suite Hanoi)下にある食材店ANNAM GOURMET MARKET、またはホアンキエム湖・ハノイ大聖堂近くのAjisai等で取り扱っている。

また、ハノイ空港内の国際線搭乗口前の売店でも売っているが、数色のみ・大サイズのみで価格も高いので、市内であらかじめ買っておいた方がよい。

 

VIFONのインスタントフォー

お湯を注ぐだけで、簡単にベトナム風を味わえるインスタント麺のフォー。

少しかさばるが、価格が15,000VND(約75円)と激安なので、バラマキみやげに最適だ。

f:id:TNF24:20170413005708j:plain

 

VIFONフォーをおすすめするポイントは、レトルトパウチの本格的な具が入っているところだ。

数あるインスタントフォーの中でも、圧倒的に具だくさんでハイクオリティ。

牛肉フォーでは、左から牛肉の具(銀のレトルトパウチ)、スウィートチリソース(赤の小袋)、粉末スープ(銀の小袋)、乾燥フォーがセットで入っている。

 

f:id:TNF24:20170413005654j:plain

他のインスタント製品はVIFONの半額以下だが、日本人からすると誤差レベルの価格差でこの本格感が味わえるので、絶対にVIFONフォーがおすすめ。

 

紫パッケージのPho Thit Bo(牛肉のフォー)と、赤のPho Thit Ga(鶏肉のフォー)の二大定番品が日本人には評判がいい。

VIFONはフォー以外にも数種類ラインアップがあり、どれも本格派でハズレはない。

 

Big Cをはじめ、ベトナムの大型スーパーならどこでも買うことができる。 

 

Nam Xanhのナッツ類

ここ最近あちらこちらで売られるようになったベトナム産のオーガニック素材を使用したNam Xanhのナッツ。 

f:id:TNF24:20170725011220j:plain

右側の皮付きカシューナッツ(パッケージ名はSalted/Roasted Cashew Nuts)は塩気が強めで、お酒のおつまみ用として超おすすめ。

パッケージもオーガニック感とベトナム感が漂うおしゃれなつくりになっている。

  • 小ボトル   100g   50,000VND(約250円)
  • 大ボトル   230g   130,000VND(約650円)

カシューナッツだけでもはちみつ、ピンクペッパー、ココナッツ&ハニー等の色々な種類のフレーバーがある。

ピーナッツや大豆、ベトナム感満点のロータスシードもあり。

 

ハノイ市内では、マルゥチョコレートと同じく、タイ湖近くのフレーザースイーツ(Fraser Suite Hanoi)内のANNAM GOURMET MARKETでほとんどの種類を買うことができる。

他にもベトナムの有名ホテルや大型スーパーでも買うことが可能。今後どんどん人気が出て、ベトナム定番おみやげになりそうな気がする。

 

ドライフルーツ

もらっても困るベトナムの定番おみやげその①。

大袋なので個別に配れない、あまりおいしくない、そもそもドライフルーツってそんな食べない、とあげる側ももらう側も不幸になること間違いなしのおみやげである。

 

それでもドライフルーツをおみやげにしたいという方は、せめてこのVinamitのフルーツチップスを選んでほしい。

ジャックフルーツ、バナナ、ミックスの種類があって、半乾燥タイプではなくてパリパリになっているチップスタイプだ。

パッケージの『Export Quality』の名に恥じぬ、他とは一線を画すおいしさ。

f:id:TNF24:20160803000650j:plain

Vinamitの中でも、味にもクセがなく、とても肉厚なジャックフルーツが特におすすめ。

種類とパッケージサイズにもよるが、小さめの袋で500円程度。

チャック付きパッケージもあるのがおみやげ用に最適。

 

Big C等のほとんどの地元スーパーで買うことができる。

 

ベトナムコーヒー

もらっても困るベトナムの定番おみやげその②。

世界第2位のコーヒー生産国であるベトナムでは、現地の雰囲気と相まって、味わい深く感じるベトナムコーヒーをどこでも飲むことができる。

定番おみやげの『コーヒー豆+メタルフィルターセット』もどこでも売っている。

 

しかし日本人に渡すことを考えると、

  • コンデンスミルクがない(普通の牛乳ではただの苦いコーヒーになる)
  • セットのコーヒー豆がおいしくない
  • メタルフィルターの洗浄がめんどくさい

等々、困るポイントが多すぎるので、定番セットは正直おすすめできない。

 

そこでもっと気軽にベトナムコーヒーを楽しめる、ハイランズコーヒーの缶入りベトナムコーヒーがおすすめ。

ベトナムコーヒー+コンデンスミルクがあらかじめ一緒になっていて、氷に注ぐだけで簡単にアイスベトナムコーヒーが堪能できる。

 

f:id:TNF24:20160803000648j:plain

1パックに6缶入りで80,000VND(約400円)。

 

(私が勝手に)ベトナムのスタバと呼んでいる、全国チェーンのハイランズコーヒーで購入可能。